会社案内

ご挨拶

当社は、昭和52年(1977年)8月、朝日工業株式会社山形工場として操業を開始し昭和63年(1988年)8月1日、社名を山形朝日株式会社として本社より独立。精密板金加工メーカーとして設計・製造・塗装・組立までの一貫生産を開始しました。

現在は、ITインフラ関係の基幹製品を中心に生産しております。特にステンレス製の屋内外キャビネットの製造を得意としております。私どもはさらに一層、技術の向上につとめ、「人に自然に調和した信頼されるものづくり」をモットーに、豊かなコミュニケーションづくりに貢献すべく大きく前進してまいります。

代表取締役 深津 悟

ページ先頭へ | 山形朝日株式会社

経営理念

私どもは、自然・環境・地域社会を大切にし、 人に自然に調和した信頼されるものづくりを目指します。

ページ先頭へ | 山形朝日株式会社

経営ビジョン

  • 全員が気持ちよく仕事が出来る環境を作り企業を活性化させます。
  • お客様に信頼される質の高いものづくりを目指します。
  • あらゆる改善活動を推進し常に変動対応出来る製造体制を構築します。
  • 得意分野を伸ばしグローバルな会社を目指します。
ページ先頭へ | 山形朝日株式会社

品質・環境方針

品質・環境方針

基本理念

山形朝日(株)は、『自然・環境・地域社会を大切にし、人に自然に調和した信頼されるものづくり』を基本理念とし、 この方針に基づき、品質及び環境の統合マネジメントシステム(以下 IMS)の活動を推進し社会に大きく貢献して まいります。

品質・環境方針

山形朝日株式会社は、人に自然に調和した信頼されるものづくりを推進するために、IMSを継続的に改善・運営し全員 参加で 品質向上を進め、環境保全活動を展開してまいります。

品質行動指針

  1. お客様に信頼されるものづくりの推進
    山形朝日(株)は、お客様の求める品質を満たすためにIMSを積極的に活用し向上心を持って品質向上に努めます。
  2. クレームゼロを目指した活動の推進
    お客様の信頼に応えるためにお客様とのコミュニケーションを維持し、自らは技術力を高め不適合が発生した場合は問題の是正と予防処置を迅速に実施します。
  3. 品質目標の設定と改善活動の推進
    全社の品質目標を設定し、自らの責任や役割を認識することで1人1人が問題意識を持ち改善を進め、会社全体の   改善に繋げていきます。
  4. 品質教育の実施
    全社員に計画的に品質教育を実施しお客様満足度を高めるために品質に関する意識向上を図ります。

環境行動指針

  1. 環境に配慮したものづくりの推進
    山形朝日㈱の事業活動において環境に有害な物質の削減を推進し、環境に配慮したものづくりをするとともに、環境汚染の予防に努めます。
  2. 資源リサイクルの推進
    原材料の有効活用や分別廃棄、エネルギー等の効率化を推進し資源のリサイクルを推進します。
  3. 法律及び条令の遵守
    環境に関する法令や条例、その他の要求事項を遵守し環境保全に取り組みます。
  4. 環境教育の実施
    全社員に計画的に環境教育を実施し環境に関する意識向上を図ります。

平成30年2月1日
山形朝日株式会社
代表取締役 深津 悟

ページ先頭へ | 山形朝日株式会社

会社概要

会社名山形朝日株式会社
所在地山形県南陽市元中山213
TEL0238-49-2624(代)
FAX0238-49-2234
代表者代表取締役会長 深津 弘
代表取締役社長 深津 悟
設立年月日昭和63年8月
資本金4000万円
事業内容 通信機器屋内外筐体、交通公共屋内外筐体、防災関連装置、ディスプレイ関連品
金融端末の設計・製造(精密板金、プレス、塗装、組立)
従業員数 46名(男性31名 女性16名)平成30年3月1日現在
主な得意先 日本電気株式会社
NECプラットフォームズ株式会社
セレスティカジャパン株式会社
NECディスプレイソリューションズ株式会社
NECネッツエスアイ株式会社
古河電気工業株式会社
日本無線株式会社
株式会社高砂製作所
株式会社日立産機システム
株式会社デジアイズ
サクサテクノ株式会社
エヌエフ回路設計ブロック株式会社
株式会社乃村工藝社
取引銀行 山形銀行 上山支店
米澤信用金庫 赤湯支店
きらやか銀行 上山支店
日本政策金融金庫
商工組合中央金庫
ページ先頭へ | 山形朝日株式会社

沿革

1988年法人設立 社名:山形朝日株式会社として独立
1990年塗装工場建設 5月試験稼動 7月本稼働
1991年プラズマアーク溶接ロボット導入
1992年FMCライン導入 T.P.P.無人運転開始
1994年300トンNC付油圧プレスブレーキ導入
増資 資本金4000万円とする
1998年三菱炭酸ガスレーザー(2次元)加工機導入
1998年組立工場建設
2000年村田機械製 油圧サーボタレットパンチプレス導入
2002年トヨタ生産革新活動を開始
2004年ISO9001 取得に向けて活動開始
2005年ISO9001 認証取得
2006年中小企業新事業活動促進法の経営革新計画承認
2007年4月 快適職場推進計画が厚生労働省より認定
2008年 9月 ISO14001 認証取得
2010年 労働基準協会より安全優良賞
2012年 村田機械 油圧サーボタレットパンチプレス【2548】導入
「MW工法」による販路拡大で経営革新計画承認
2012年 山形県労働基準協会より安全優良賞
2014年 「溶接レス工法」による新規異業種提案型販路開拓で経営革新承認
ページ先頭へ | 山形朝日株式会社